プレゼント

【お母さんへの感謝を伝える】母の日のプレゼントの選び方を知ろう

  1. ホーム
  2. お祝いに対するお返し

お祝いに対するお返し

風呂敷

贈る時期に注意が必要

内祝いとは、身内におめでたいことがあった人が、お祝いの品物を贈ることでその喜びを親類縁者などと共に分かち合うというのが本来的な意味でした。ですが、最近では、お祝いを頂いたことに対するお返しという意味合いで行われることが多くなっています。例えば、結婚や出産などの時にお祝いを頂いて、そのお返しをすることを内祝いと言います。結婚の場合は、披露宴にお招きした方には引き出物をお渡ししており、これが内祝いの意味を兼ねていますので、改めて品物をお送りする必要はありません。ただし、披露宴にお招きしなかった方からお祝いを頂いた場合は用意しなければなりません。時期は、お祝いを頂いてから1ヶ月以内に行い、金額的には頂いた品物の半額程度のものを贈るのがマナーとなっています。出産の場合は、産後1ヶ月を超えてから、お宮参りの頃にお返しをするようにしましょう。内祝いの品物を選ぶのは、実際にお店に出向く方法もありますが、最近では通販を利用する人が増えています。特に出産の内祝いの場合は、産後で赤ちゃんのお世話などが大変なこともありますし、赤ちゃんを連れてのお出かけは新米ママにとっても負担となりますので、通販を利用するのが賢い方法です。出産前からある程度は用意をしておけるのも通販のメリットです。通販を利用する場合は、熨斗も付けてもらうようにしましょう。結婚の場合は新郎新婦の名前を、出産の場合は赤ちゃんの名前を熨斗に入れます。