プレゼント

【お母さんへの感謝を伝える】母の日のプレゼントの選び方を知ろう

  1. ホーム
  2. 基礎知識と選び方

基礎知識と選び方

内祝い

贈る時期にも注意を

新築内祝いとは、家を新築した記念にお世話になっている人にふるまうちょっとした手みやげやおもてなしのことをいいます。お祝いを頂いたときのお返しをさすことも多く、ほぼ同義で使われています。本来の意味での新築内祝いをするのならば、家が完成してから自宅でお披露目パーティーを行うのがよいでしょう。家が片づいた1ヶ月から2ヶ月ほどしてからの時期の明るい時間帯がよいとされています。楽しく食事をしたり話をしたりしておもてなしをするだけでもよいですが、お土産も用意するのが通常です。パーティーを行うときにお祝い金やお祝いの品をもらっていないときは、そこまで高額でないお土産を用意すればよいでしょう。お土産に決まりは特にありませんが、食べ物や飲み物、洗剤やタオルなどのいくつあっても困らないタイプの消耗品などが人気です。家にまつわるものとして、ティーカップのセットなど食器類を選ぶ人も少なくありません。別途新築祝いを頂いたときは、頂いた金額の半分くらいを目安に新築内祝いを贈りましょう。頂いたら1ヶ月以内を目安に贈るのが大切です。新築内祝いの好適品としては、上記のようなものに加えて、カタログギフトなども人気です。カタログギフトは高額なお返しにも対応しやすく、人を選ばないというメリットがあります。改めて新築内祝いを贈るときはのしをつけるのが一般的です。表書きは「新築内祝」もしくは「内祝」と入れ、下段には名字を記載します。蝶結びの水引があるものにしましょう。何度もあることではないですが、何度あってもよいお祝いごとのためです。